阿部大輔はTASTY BLUEのデザイナー!学歴や出身地まとめ

阿部大輔さんは、2022年7月7日に配信がスタートするバチェロレッテ2の最年長参加者です。

プロフィールにデザイナーとあり、どこのブランドか気になりますね。

阿部大輔さんのブランドの名前や値段や評判を調べました。

目次

阿部大輔はTASTY BLUEのデザイナー!

阿部大輔さんはどこのデザイナーか調べたところ、阿部大輔さんはアパレルブランド「TASTY BLUE」の代表かつデザイナー。


デザイナーとしてだけでなく代表も兼任しているとはすごいですね。


アパレルブランド「TASTY BLUE」の立ち上げは、2015年。

ブランド名「TASTY BLUE」の由来は、『 TASTY』は “イケてる” や “カッコイイ”という意味で、『BLUE』はデニムや海を連想しているそうです。

海やビーチに映えるようなデザインが売りだとか。


また流行りにとらわれず何年先も着ることができるデザインにこだわっていると、「TASTY BLUE」の公式ブログに書いてあります。


「TASTY BLUE」は、店舗はなくオンライン販売のみ!


2022年夏には全国でポップアップストアが開催されているそうですよ。


徐々に阿部大輔さんがデザイナーを務めるアパレルブランド「TASTY BLUE」は、評価されてきているのでしょう。

TASTY BLUEの値段

阿部大輔さんがデザイナーと代表を務めている、TASTY BLUEのアイテムの値段を調べました。


全体的に見て高すぎず安すぎずというお値段のようです。


アクセサリーに関しては受注販売で宝石が埋め込まれているものもあるため、高めのものもあります。

パーカーだと7000円前後。


Tシャツだと3850円。

こちらのハットは3850円。

キャップは4400円。

ダイアモンドの埋め込みありとなしがあり、なしだと9900円、ありだと12100円。

こちらは17600円。


どのアイテムも、シンプルなデザインでとてもおしゃれですね。

TASTY BLUEの評判

阿部大輔さんがデザイナーと代表を務めている、TASTY BLUEの評判や人気はどうなのでしょう?

TASTY BLUEの評判や人気を調べたところ、売り切れ続出で幅広い層から人気だとわかりました。


オンラインストアーでTASTY BLUEを調べると、新商品と受注販売の商品以外はほとんど売り切れ!

インスタグラムに販売開始日時がそれぞれ予告されているので、販売開始と同時に多くの人が購入するのでしょうね。


阿部大輔さんがデザインをするTASTY BLUEは、男性女性、年齢層も広く、多くの人からの人気を集めているようですよ。

山形県米沢市の観光大使を務める女優の平塚千瑛さんも愛用しているのだとか。

アイドルグループの撮影の衣装としても使われていました。

SNSでもTASTY BLUEの評判は高評価ばかりで、「かっこいい」「届くのが待ち遠しい」「買えて良かった」との声が多くありました。


阿部大輔さんがデザインする「TASTY BLUE」は、シンプルなデザインのため、男女や年齢を問わず多くの人に愛されるのかもしれませんね。

阿部大輔はデザイナー学校卒?

デザイナーということで阿部大輔さんはデザイン学校出身なのでしょうか?

阿部大輔さんがデザイナー学校を卒業しているのか調べたところ、おそらくデザイナー学校は卒業していません。


阿部大輔さんがデザイナーになった経緯は、デザイン学校を卒業したからではなく、趣味の延長上作ったハンドメイドのアクセサリーの評判が良かったことだとか。

阿部大輔さんは自身でデザインし制作したアクセサリーを個人に販売し、評価がいいことからデザイナーになることを決心したそうです。


ちなみにデザイナー以前の阿部大輔さんの経歴はヒップホップMC。
経歴や職業、年収について詳しくはこちら。


バチェロレッテ阿部大輔の経歴が元ラッパーで異色すぎ!職業や年収まとめ!


ブランドを立ち上げる以前の経歴がラッパーとは意外すぎです。


最初の職業であるヒップホップMCとしても阿部大輔さんは大人気だったので、仕事の合間にデザイナー学校に行くことも難しいと考えられます。


現在デザイナーとして阿部大輔さんは活動していますが、おそらくデザイナー学校を卒業したわけではなさそうですね。

阿部大輔の出身中学高校は?

阿部大輔さんの出身中学と高校を調べました。


阿部大輔さんの出身中学は、倉敷市立琴浦中学校。
出身高校は、岡山県立琴浦高等学校(現在は倉敷市鷲羽高等学校)


高校時代の阿部大輔さんは夜になったらラジカセを持って駅前でスケボーをしたり、休みの日はバイクでツーリングやバーベキューなどをしており、勉強よりも仲間との時間を大切にしていたのだとか。



阿部大輔さんの出身中高の場所は、どちらも出身地の岡山県倉敷市内。


岡山県倉敷市といえば瀬戸内海にも面しており、ジーンズの生産地として有名ですね!

阿部大輔さんのアパレルブランドが売りにしている「海やビーチに映えるようなデザイン」「デニムを連想」のアイデアは、幼少期に過ごした地元倉敷市の風景から来ているのかもしれません。


高校卒業後の18歳から阿部大輔さんはラッパーとして活躍しているので、大学には進学していないでしょう。

阿部大輔はTASTY BLUEのデザイナーまとめ

デザイナーである阿部大輔さんについて調べました。

  • TASTY BLUEのデザイナー兼代表
  • 店舗はなくオンライン販売
  • きっかけは個人販売していたアクセサリーの評判がよかったこと
  • 値段は高すぎず安すぎない値段
  • 売り切れ続出で大人気
  • SNSの評判もいい

バチェロレッテ2に出演する際、TASTY BLUEのアイテムを身に着けている阿部大輔さんが見れるのがたのしみです。


画家・美留町恭兵の絵の値段が衝撃的!実績や画風が気になる!

目次
閉じる