尼崎市で紛失したUSBメモリ転売はデマ!出品の経緯を調査!

兵庫県尼崎市で、2022年6月23日に市民46万人余りの個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表がありました。

噂だと委託業者が紛失したUSBメモリが転売されているのだとか。

尼崎市の個人情報入のUSBメモリが転売されている経緯を調べました。

目次

尼崎市で紛失したUSBメモリは転売されている

SNS上で委託業者が無くした、尼崎市の個人情報がはいったUSBが転売されているとの噂があります。

尼崎市の個人情報が入ったUSBメモリが転売されているのか調べたところ、こちらのツイートを発見しました。

尼崎市が使用していたUSBメモリがホントにメルカリで売られているようです。


ここから追記。

上記のツイートがにあった「尼崎のUSBメモリ」として出品されていたUSBメモリは、いたずらだったようです。

現在メルカリに出品されていた「尼崎のUSBメモリ」は削除されていました。


いたずらだとわかり安心です。

尼崎市で紛失したUSBメモリの値段は?

メルカリで「尼崎のUSBメモリ」として売られているUSBの値段はなんと45万円以上!


値段が45万円以上とあることからUBSメモリの値段ではなく、完全に中に入っているデーターの販売ですよね。


尼崎市のUSBメモリは、パスワードを忘れてしまい使えないからという理由で出品され、中身の情報はそのまま。


追記。

尼崎のUSBメモリにつけられた値段は、尼崎市の人口の数だったようです。


USBメモリを無くした委託業者はこちら↓


尼崎市個人情報紛した委託業者はBIPROGY関西支社?!個人情報の管理がずさんすぎる!


恐ろしすぎます。

尼崎市で紛失したUSBメモリの出品の経緯

なぜ紛失した尼崎のUSBメモリがメルカリで出品されているのか調べたところ、経緯は不明。


新たな情報が入り次第追記します。


追記。

ニュースを見た人がイタズラ目的で、「尼崎のUSBメモリ」として出品したようです。



尼崎市で紛失したUSBメモリのパスワードも特定されている

SNS上では、尼崎市の個人情報が入ったUSBメモリの13桁のパスワードも予測され拡散されています。


記者会見で紛失したUSBメモリのパスワードの情報を漏らしてしまっているので、多くの人が予想しているようです。

パスワードの情報は、
「英数文字を含めた13桁のパスワード」「パスワードは一年毎に変えている」

上記の情報から、多くの人が「amagasaki2022」と予想していますね。

尼崎市の市民の個人情報が入ったUSBメモリが紛失しただけでなく、パスワードの情報も話してしまうとは、もう呆れてしまいます。


紛失した尼崎市の個人情報入のUSBメモリにパスワードを入れて、個人情報が読み取られてしまったらと思うと、恐ろしい!

尼崎市で紛失したUSBメモリは転売されているまとめ

2022年6月23日に紛失したと発表された、兵庫県尼崎市の市民の個人情報が入ったUSBメモリが転売されているということで、値段や出品の経緯を調べました。

メルカリで「尼崎のUSBメモリ」が、中の情報はそのままの状態で45万円以上の値段で転売されています。


のちの情報でメルカリに出品された「尼崎のUSBメモリ」はいたずらだと判明!


いたずらでよかったですが、本当だったと考えると、なんらかの情報が入ったままのUSBメモリを売ってしまうとは恐ろしいですね。


記者会見での失態でパスワードも特定できてしまいそうなので、早く無くしたUSBメモリが見つかることを祈ります。

目次
閉じる