松山三四六が妊娠中絶させた不倫相手は目黒清華アナではない!3つの理由を調査!

参院選に自民党から出馬している新人の松山三四六(さんしろう)さんが、不倫相手が妊娠していることを聞き、人工妊娠中絶同意書に偽名で署名したと「週刊文春 」の取材で分かったのだとか。

松山三四六さんの不倫相手の名前は目黒清華アナだと噂されています。

松山三四六さんが妊娠中絶させた不倫相手がなぜ目黒清華アナなのか調べました。

目次

松山三四六が妊娠中絶させた不倫相手は目黒清華アナではない理由

松山三四六さんが妊娠中絶させた不倫相手は目黒清華アナだと言われるようですが、調べたところ目黒清華アナではないようです。

3つの理由はこちら。

  1. 年齢が違う
  2. 不倫時期が違う
  3. .不倫相手と再会した時期

順に詳しく説明します。

1.年齢が違う

「週刊文春 」の記事で分かっている松山三四六さんの不倫相手の年齢と、目黒清華アナの年齢が合致していません。

週刊文春で分かっている不倫相手の特徴はこちら。

  • 妊娠中絶した当時30歳間際
  • 2012年10月24日に人工中絶同意書に偽名で署名された

目黒清華アナは1992年9月14日生まれ。
2012年は20歳。


松山三四六さんが不倫し妊娠中絶させた相手は2012年に30歳間際といいうことなので、20歳だった目黒清華アナと年齢が違いますね。

2.不倫時期が違う

松山三四六さんと目黒清華アナの不倫疑惑があったのは2020年。

今回妊娠中絶させた女性と関係をもったのは、2012年のことなので時期が合いません。


妊娠中絶し、偽名で人工中絶同意書にサインまでされるという嫌なめにあっているので、松山三四六さんと目黒清華アナに不倫関係があったとしても続いていたとは考えずらいです。

3.不倫相手と再会した時期

松山三四六さんに妊娠中絶させられた女性と松山三四六さんが再会した時期と、目黒清華アナとの出会った時期が合わない。

松山三四六さんに妊娠中絶させられた不倫相手と松山三四六さんが再開したのは、2012年8月。


目黒清華アナは2012年は日本女子大学在学中。

松山三四六さんと目黒清華アナが2012年に出会うはずがありませんね。


以上3つの理由から今回松山三四六さんが妊娠中絶させた不倫相手は、目黒清華アナではないと考えられます。

松山三四六が妊娠中絶させた不倫相手は目黒清華アナではない

松山三四六さんが妊娠中絶させた不倫相手は目黒清華アナだと噂されていましたが、違うようです。

2020年に目黒清華アナと松山三四六さんの不倫の噂が本当だとすると、松山三四六は2回も不倫していることになります。

松山三四六さんは2022年に参議院選挙に出馬しているので、当選したらと思うと恐ろしいですね。


松山三四六は文春砲と新潮砲でヤバいヤツと判明!クズエピソードまとめ


目次
閉じる